伊地智写真型製作所

このシルクスクリーン印刷は、着物の友禅染めなどに使われている伝統の染色技法です。

わたしたちは、この京都の地で、昭和10年から、これらの版を作り続けています。

シルクスクリーン印刷の現場で、職人が試し刷りを行っている

商品開発

当社では、多種多様な版を制作いたします。

Tシャツのような単色刷り用から20色以上の京友禅用の多色刷りまで。
またサイズも、名刺サイズのミニ型から四方1m以上の巨大型まで有ります。

製版に関するあらゆるニーズにお答えしています。

シルクスクリーン印刷の現場で職人がシルクスクリーンに傷などないかをチェックしている
シルクスクリーン印刷の現場で職人がシルクスクリーンのごみやほこりを落とし、綺麗にしている

京友禅の流れを受け継ぐ
シルクスクリーン。

伝統から生まれる、
新たな印刷へ。

シルクスクリーンは、昔ながらのプリント手法ですが、最も汎用性が高く、現在も多くの工場やショップで採用されています。

デザイン画の1色ごとに型が1版必要ですが、製版した型を使えば、紙や布など、多くの素材に活用のできるプリント技法です。

シルクスクリーンの試し刷りの写真
伊地智写真型製作所にあるシルクスクリーン用のインクの写真

お問合せ当社の商品についてや、シルクスクリーン版の製作についてのお問合せなどはこちらから

伊地智写真型製作所 Instagram